NewJeansの革新的なミニアルバム『Get Up』について考察

1. はじめに

K-POP界で急速に名を馳せている女性アイドルグループNewJeans(뉴진스)が、2023年7月21日に新たなミニアルバム『Get Up』をリリースしました。この記事では、そのアルバムの特徴と、なぜこれがK-POPの新たなスタンダードになり得るのかを探ります。

PR

1.1. アルバムの基本情報

  • リリース日: 2023年7月21日
  • ジャンル: K-POP
  • 収録曲: 6曲(『New jeans』,『Super Shy』,『ETA』,『Cool With You』,『Get up』,『ASAP』)

2. 音楽性とスタイル: 新しいK-POPの定義

NewJeansは、従来のK-POPアイドルとは一線を画す音楽性とスタイルを持っています。特に、楽曲「Ditto」や「Omg」は大きな注目を集め、そのパフォーマンスは彼女たちのスタイルを確立しました。

2.1. 音楽性: 短くても印象的

このアルバム『Get Up』では、楽曲のランニングタイムが短く、より集中的な印象を与えるようになっています。以前は3分以上の楽曲が多かったが、このアルバムでは2分程度に短縮されています。この戦略は、現代の音楽がより短い時間で消費される傾向に対応しています。特に、ホックライン(サビ)が楽曲の前半に配置されている点が注目されています。

2.2. スタイルとイメージ: グループ全体でのブランディング

NewJeansは、個々のメンバーではなく、グループ全体としてのブランドを強調しています。従来のK-POPグループが各メンバーの個性を前面に押し出していたのに対し、NewJeansはその逆のアプローチを取っています。Y2K文化を取り入れたミュージックビデオやスタイリングで、若者から中高年まで幅広い層にアピールしています。

3. コラボレーションとブランド戦略: 音楽以外の領域での成功

NewJeansは、音楽だけでなく、他のメディアやブランドとのコラボレーションを積極的に行っています。

3.1. メディアとのコラボレーション

例えば、アメリカのアニメ「パワーパフガールズ」とのコラボレーションは、彼女たちが多様な文化と連携できる力を示しています。

3.2. テクノロジーとの連携

また、iPhone 14を楽曲「ETA」のミュージックビデオで使用するなど、テクノロジーとの連携も見逃せません。これにより、NewJeansはただの音楽グループ以上の存在となっています。

3.3. ブランドエンドースメント

短期間で多くの高級ブランドからエンドースメントを受けており、そのブランド価値は急上昇しています。これは、音楽だけでなく、ファッションやライフスタイルにも影響を与える力を持っていることを示しています。

4. 曲リスト

New Jeans

Super Shy 

ETA

Cool With You

Get Up

ASAP

PR

5. まとめ

NewJeansのミニアルバム『Get Up』は、音楽性、スタイル、ブランド戦略の全てにおいて、K-POPの新しいスタンダードを提示しています。彼女たちは、音楽を「手段」として、より広い文化やブランド戦略に組み込んでいます。その結果、短期間で高いブランド価値を築き、多くのエンドースメント(支持、支援)を獲得しています。

PR

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!