Netflix『終末のフール』ネタバレ:結末解説と感想

Netflixオリジナルシリーズ『終末のフール』は、俳優ユ・アインのドラック騒動で不拘束起訴されたために公開が延期され、当初の予定よりも遅れて今年公開されました。このドラマは、日本の同名の小説が原作で、『マイネーム』や『人間失格』のキム・ジンミン監督が演出を、『密会』のジョン・ソンジュ作家が脚本を手掛けています。各話約60分、全12話で構成されており、地球と小惑星の衝突が200日後に迫る韓国の小さな町を舞台にしています。

MIYACHITTA
『終末のフール』視聴ガイド:日本小説原作、あらすじ、キャストなど 『終末のフール』はNetflixで公開予定の韓国ドラマで、地球と小惑星の衝突をテーマにした話題の作品です。キャストや物語の概要、公開の行方について詳しく紹介します。

※以下の内容は『終末のフール』のネタバレを含んでおります。

『終末のフール』結末ネタバレ解説

小惑星の衝突による終末が迫る中、ウンチョン市の住民たちは、それぞれの方法で終末を迎えようとしています。安全な国への移民の道がほとんど閉ざされたため、残された人々は小さな日常を大切にしながら生活を続けています。

ウンチョン聖堂の信者や「ウンチョンFFC」のサッカーチームのメンバーは、地域の畑で野菜を育て、収穫し、整える日々を送ります。「もうすぐキムチ用の白菜やカクテキ用の大根を植えなければならない。来年の春までの食料を準備してから、この世が終わってもいい」と話します。これらの野菜はただの食料ではなく、終末の恐怖に耐えるための生命力の源となっています。

このドラマには、何かを世話するシーンが頻繁に登場します。ヘチャンはベランダの植物を世話し、地域の住民は畑で野菜を育て、暴動で息子を失ったスーパーマーケットの店主、ヨミレ(キム・ヨジン)とキム・デハン(キム・ヨングン)は、いつものように店を開けて地域の人々に食材を提供しています。元は中学校の技術家庭科教師であったジンセギョン(アン・ウンジン)は、学校が閉鎖された後、ウンチョン市庁の児童青少年部でボランティアとして働き、青少年を守ります。その一方で、戦闘勤務支援大隊の調理班長、ソ・ジュヨン(ソ・イェファ)は、卵を孵して鶏を育てる「多産プロジェクト」を開始し、その鶏が産んだ卵は、食料が不足する中、部隊員たちの腹を満たしています。

しかし、ある人々が守ろうとする一方で、他の人々は奪おうとしています。「小惑星の衝突後に生き残る者たちの王には何が必要だろうか? 再び資本主義を築くための奴隷、言うことを聞く労働者階級、未来の生産力。その核となるのは子供たちだ!」というユーチューバー「オクトッキ」(イ・フィジョン)の言葉通り、終末が近づくにつれ、子供たちや青少年が危険にさらされます。子供たちを誘拐し取引する者たちの背後には、お金と人を集めて安全な場所へ脱出し、新たな国家を建設しようとする歪んだ欲望に取り憑かれた権力者たちがいます。大統領秘書室長のチョ・グァンヒョン(ペク・ヒョンジン)や合同捜査本部の関係者たちは、市民の安全を守るための軍事物資を奪い、宗教指導者であるペク神父(カン・ソクウ)は聖堂の献金を盗んで金塊を作ります。ウンチョン市を脱出する機会を狙っていたチョン・ハユル(キム・ドヒェ)の父チョン・ソングン(パク・ヒョクギュン)は、自分のギャンブル資金を調達するため、娘の身体譲渡覚書を書いてサラ金業者に渡してしまいます。彼らは「自分たちだけ」生き残る可能性が高い方を選びました。

Netflixの韓国ドラマ『終末のフール』は、小惑星の衝突という予測された終末よりも、現存する危険から隣人や日常を守ろうとする人々の奮闘を描いています。このドラマは、「小惑星の衝突という集団的な死の宣告よりも恐ろしいのは人間だ」という、脚本家ジョン・ソンジュの洞察を基にしています。真の災害は、有害な父権主義、利己的な公権力、偽善的な宗教など、人間社会が作り出した不正な体制と、その体制を運営する無責任な権力者たちによってもたらされるかもしれません。

「小惑星の衝突」という事件を通じて、これらの人間社会の問題を浮き彫りにし、「大災害をきっかけに溢れ出る腐敗と悪徳は、以前から黙認され、容認されてきた結果である」と明確に示します。つまり、『終末のフール』はアポカリプスに関する物語であると同時に、我々が見過ごし、黙認してきた現実に対する批判的な反省でもあります。こんな世界なら、滅びる方がましなのかもしれません。

最後まで、人間を道具として扱い、快楽を楽しむ者たちと、「大人になりたくない」と言う「テンドン中学校の4人組」のために悪を討とうとするセギョン、そして彼女と運命を共にすることを決めた恋人ハ・ユンサン(ユ・アイン)の最後を描いて終わります。

PR

『終末のフール』評価

Netflixの韓国ドラマ『終末のフール』は、視聴者からの評価が低い方です。IMDbでは10点中4.4のスコアになっているなど評判はあまり良くありません。

このドラマは、大規模な自然災害である小惑星の衝突とそれに伴う社会の混乱ではなく、混乱が一段落した後の生き残った人々の日常と心情を描いています。しかし、その独特な演出と物語の進行は、観客によって評価が分かれる要因となっています。

オリジナルの小説は、大恐慌時代の犯罪や社会の動揺を扱っているのではなく、その後の人々の生活を描いています。ドラマは、その点を踏襲しつつ、大作映画のような壮大さよりも、日常に密着した静かな演出で物語を進めています。しかし、オリジナルのオムニバス形式を捨て、複数のキャラクターの物語を一つにまとめた試みは、ストーリーをやや乱雑にし、ディストピアのリアリティとの乖離を生んでしまいました。

さらに、ディストピアやポストアポカリプスといった暗く冷たいテーマと、癒しや愛、一般市民、家族といった明るく温かいテーマを混ぜ合わせたため、全体のトーンとマナーが非常に不自然で中途半端に感じるという意見が多く、視聴者からは苦言を呈されています。そのため、多くの視聴者にとっては、12話完走はおろか、3話を続けて見るのも難しいと感じるかもしれません。

『終末のフール』原作との違い

Netflixの韓国ドラマ『終末のフール』は、元々の小説といくつかの点で異なっています。以下はその主な違いです。

  1. 時間軸の変更: 元の小説では、小惑星の衝突による地球の滅亡が発表されてから8年が経過し、物語はその3年前を描いています。しかし、ドラマ版では、その期間が大幅に短縮され、小惑星の衝突までの残り日数が200日と設定されています。
  2. 設定の変更: 小説では「ヒルズタウン」というアパートに住む人々の生活を8つのエピソードでオムニバス形式で描いていますが、ドラマでは「ウンチョン市」という町が主な舞台となっています。
  3. 衝突の影響の規模: 小説においては、小惑星の衝突が地球全体の滅亡を引き起こすという設定でしたが、ドラマではその影響が韓国、日本、中国などの一部の国に限定される程度に縮小されています。
PR

『終末のフール』感想

Netflixの韓国ドラマ『終末のフール』は、その直感的でないタイトルが示す通り、物語が必要以上に分岐し、細部にわたりすぎています。主要な出来事や主人公の経歴、感情の流れが不十分に描かれており、この作品が何を伝えたいのかが曖昧なままです。しかし、物語の後半で主人公たちが交わす「終末にはバカであってもいいのではないか」という会話から、タイトルが象徴する意味がほのかに示されています。

登場人物たちの日常的なエピソードが多く、フラッシュバックが突然頻繁に現れるため、設定されたD-200(小惑星衝突までの200日)がどんな意味を持つのか疑問に感じます。物語が進むにつれて、初めは重要に思われた謎が引き延ばされ、期待はずれの結末を迎えます。登場人物たちの中には、ただ死を待つことが大罪であるかのように振る舞う人もいます。一貫して主人公が見せる英雄的な行動は、イライラを誘発し、他人の脱出を妨げる行動は、正義というよりは自己中心的に感じられます。

また、終末を迎えるまでにまだ200日以上あるにも関わらず、死を待つだけの人々や、終末を前にして「誠実に」子供たちを狙う犯罪組織など、納得がいかない設定と矛盾した展開、物語の粗が視聴者の没入を妨げています。

『終末のフール』は、単調で退屈、ありふれた「終末の時間」を描く作品となっており、果たしてユ・アインの問題だけが原因だったのか、それとも制作全体が問題だったのかが疑問です。重要な役を演じる主要な俳優のシーンを削除しては繋ぎ合わせる試みが、作品全体の方向性を見失う原因となっているかもしれません。

MIYACHITTA
『ザ・エイトショー』視聴ガイド:キャスト、あらすじ、見どころ Netflix韓国ドラマ『ザ・エイトショー(The 8 Show)』のあらすじ、キャスト、見どころを紹介します。
PR
『終末のフール』

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!