『マイ・デーモン』の全て!キャスト、あらすじなど徹底解説

2023年11月24日にNetflixで公開されるキム・ユジョン、ソン・ガン主演の韓国ドラママイ・デーモン

『マイデーモン』公式ポスター

はじめに

マイ・デーモン」は、悪魔のような財閥の令嬢、ド・ドヒ(キム・ユジョン)と、突如として能力を失った悪魔、ジョン・グウォン(ソン・ガン)が契約結婚するというファンタジーロマンティックコメディドラマです。

デーモンとは?

「デーモン」とは、一般的には神話、宗教、伝説などで霊的な存在や悪魔のような存在を指すことが多いです。西洋の文化では、デーモンはしばしば悪魔と同一視され、悪しき力を持つ存在とされます。しかし、元々のギリシャ語での「δαίμων(daimon)」は、神々と人間の中間に位置する霊的な存在とされ、必ずしも悪い意味ではありません。

文学や映画、ドラマなどに登場するデーモンは多様な形で描かれます。時には人間に危害を加える恐ろしい存在として、また時には人間と何らかの契約を結ぶなど、複雑な関係性を持つことがあります。

「マイ・デーモン」では、その能力や魅力、危険性などをどのようにストーリーの要素として扱われるかが楽しみです。

公開日はいつ?

マイ・デーモン」は2023年11月24日に初放送される予定です。毎週金曜日と土曜日の午後10時に韓国のSBSで放送されます。ネットフリックスに公開されるのは、韓国で放送後なので午後11時~12時になる予定です。
全16エピソードで構成されているので2か月ほど放送される予定です。

PR

登場人物、主要キャスト

主演は「スウィートホーム」のソン・ガンと、「雲が描いた月明り」「20世紀のキミ」で知られるキム・ユジョンです。

ド・ドヒ(演:キム・ユジョン

『マイデーモン』ド・ドヒ(演:キム・ユジョン

敵だらけの財閥の令嬢です。ソルトラテのような甘辛いツンデレのような性格で、外見は高慢で優雅。しかし、実際にはちょっと変わった一面も多いキャラクターです。

ジョン・グウォン(演:ソン・ガン

『マイデーモン』ジョン・グウォン(演:ソン・ガン)

一夜にして能力を失った悪魔。温かいアイスコーヒーのような男性で、全ての面で人間よりも優れた存在。しかし、能力を失った後はド・ドヒと共に失った能力を取り戻すために努力します。

ジュ・ソクフン(演:イ・サンイ

『マイデーモン』ジュ・ソクフン(演:イ・サンイ)

未来投資会社の代表。未来グループの関連会社、未来投資の代表。ダンディなビジュアルと、自由な精神を持つ人物で、ド・ドヒが唯一頼る存在です。

「マイデーモン」あらすじ、ストーリー

マイ・デーモン」でキム・ユジョンは、誰も信じられない未来グループの令嬢であり、悪魔を愛したドヒとして活躍します。未来グループの異端児であるドヒは、早くから世の中の理を理解し、冷静な人物で、愛に対してはシニカルです。

ソン・ガンは、完璧で致命的な悪魔、ジョン・グウォンとして登場します。彼は、現世が地獄のような人々に、魂を担保に危険だが甘美な取引をして永遠の命を楽しんでいました。200年以上も頂点の捕食者として君臨していた彼は、あまりにも奇妙な女性、ドヒと関わりを持ち、一瞬で能力を失ってしまいます。

「マイデーモン」予告編

予告編は深い海底へと沈んでいくグウォンの手首を掴んで引っ張るドヒの姿から始まります。精神が崩れそうな瞬間でも、「この男を手放せば生きられるのに、これはすべてその名前、グウォンのせいだ」と言いながら手を離さず、「運命のように手放せなかった関係」という文字と共に、悪魔グウォンの手首に刻まれた「十字架のタトゥー」がドヒの手首に移るのです。

何とかして十字架のタトゥーを奪われ、能力まで失ったグウォンは、ドヒの手首を掴んで「今は君の手首にあるけど、本来は僕のものだ」と所有権を主張します。しかし、ドヒはその不条理な言葉に「こんな変な人」と言って平手打ちを飛ばし反撃します。

ドヒが悪魔を脅迫する姿も描かれています。彼女はグウォンに、自分のボディガードにならなければ「十字架のタトゥー」を消してしまうと言います。その背後でグウォンは、「他人の大切なものを持っているなら、責任感を持て」と挑発します。

PR

まとめ

マイ・デーモン」は、韓国ドラマファンにとって見逃せない作品となりそうです。特にソン・ガンとキム・ユジョンの共演は見逃せません。ネットフリックスで視聴可能ですので、気になる方は是非チェックしてみてください。

PR
マイ・デーモン

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!