『殺人者のパラドックス』ネタバレ:結末解析と感想

Netflixで配信された『殺人者のパラドックス』は、視聴者を次々とジレンマに陥れる反転キャラクターたちの強烈なシナジーで、異次元のサスペンスを完成させました。このドラマは、チェ・ウシク、ソン・ソック、イ・ヒジュンという個性豊かなキャラクターを持つ俳優たちの絶妙な化学反応により、完成度をさらに高めています。

殺人者のパラドックス』の概要については以下の記事を確認してください。

MIYACHITTA
Netflixオリジナル「殺人者のパラドックス」視聴ガイド:あらすじ、見どころ チェ・ウシクとソン・ソック主演のNetflixオリジナル韓国ドラマ『殺人者のパラドックス』の詳細情報について詳しく解説。

※以下の内容は『殺人者のパラドックス』のネタバレを含んでおります。

『殺人者のパラドックス』の結末

Netflixオリジナルドラマ『殺人者のパラドックス』は、夢もなく流されるように生きていた大学生イ・タン(演:チェ・ウシク)の人生が、ある出来事をきっかけに一変します。ある晩、コンビニアルバイトを終えたイ・タンは、少し前に店に来ていた男性と口論の末に彼を殺害してしまいます。その場面を盲目の女性が目撃しますが、彼女はイ・タンや殺害された男性を見ることができないため、何も知らずに通り過ぎます。

事件の翌日、刑事チャン・ナンガム(演:ソン・ソック)が事件を調査するためにコンビニに現れ、イ・タンを犯人と直感します。その後、イ・タンは自分が殺した男性が一般市民ではなく連続殺人犯であったことを知り、衝撃を受けます。そして、自分が殺人を犯した証拠が見つからないことに安堵していた矢先、殺害現場を目撃した盲目の女性が現れ、沈黙の代償として200万ウォンを要求してきます。イ・タンは女性の要求を受け入れますが、彼女からさらに毎月200万ウォンを要求され、怒りに駆られて再び彼女を殺害します。

しかし、その後もイ・タンの殺害行為は続き、ある日、自分が非行少年まで殺害した後に警察に自首しようとした時、謎の男性ノビンから連絡が入ります。ノビンはイ・タンに、自分が悪人を見分ける能力を持っていると告げ、一緒に正義のために戦おうと提案します。イ・タンはノビンの提案を受け入れ、悪人たちを処理することになります。

一方、連続して犯罪者が殺害される事件が発生すると、チャン・ナンガムはイ・タンとノビンが関与していると睨み、彼らの追跡を開始します。そして、チャン・ナンガムの過去に関わる人物であるソン・チョンも物語に登場します。ソン・チョンはかつてチャン・ナンガムの父親の後輩であり、彼の母親と不倫関係にあった上、チャン・ナンガムの父親を植物人間にした張本人でした。ソン・チョンはノビンとも関係があり、彼と協力関係にあったものの、やがて関係が断絶し、一人で悪人を処理していました。

物語はイ・タン、ノビン、ソン・チョン、チャン・ナンガムが一堂に会し、最終的にノビンとソン・チョンが死亡します。ソン・チョンが死ぬ前、チャン・ナンガムは彼から予期せぬ真実を聞かされます。それは、チャン・ナンガムの母親と不倫関係にあったのは彼の父親の後輩であり、尊敬していた上司だったこと、そして彼が信じていた優れた警察官の父親が実は汚職警官であり、ソン・チョンを追い詰めた結果、反撃に遭って植物人間となったことでした。混乱するチャン・ナンガムは、イ・タンを解放し、イ・タンは姿を消します。

イ・タンが消えた後、平穏な日々を送っていたチャン・ナンガムは、誘拐殺人犯が殺されたニュースを見て、イ・タンが戻ってきたことを感じ取ります

ノビンとイ・タンが本『罪と罰』を大切に保管していた理由

Netflixのオリジナルドラマ『殺人者のパラドックス』の中で、ノビンとイ・タンが本『罪と罰』を金庫に保管するほど大切にしています。その理由は、ノビンがソン・チョンの過ちを繰り返さないためでしょう。ソン・チョンは、正義感が強く、警察官として、また温かい食事を作ってくれる連辺のおばさんにも優しく、自分に厳しく当たる上司を最後まで信じたいと願う人物でした。彼が最初に犯した暴力は、イ・タンのように偶発的で、相手は悪人でした。

ノビンは、正義感があり、力を持った人物が必要でした。そして、ソン・チョンに出会いました。最初はイ・タンのように、ノビンの正義の範囲内で行われた殺人だったでしょう。サイドキックを自称しながらも、ソン・チョンの殺人はノビンの正義の範囲内でのみ行われるべきでした。

しかし、時間が経つにつれて、ソン・チョンはノビンの正義の範囲外の人々を殺し始めました。ノビンの正義が主観的であったように、ソン・チョンの正義もそうでした。そのため、二人は離れることになり、後にノビンはイ・タンに出会います。

イ・タンの能力は驚異的でした。ノビンの正義に合致する人々を、証拠を残さずに殺害しました。ソン・チョンのように選び抜くのではなく、本能に近い直感がノビンの正義にぴったり合いました。しかし、ソン・チョンのことを見たからには、ノビンは恐らく将来的にイ・タンもソン・チョンのようになるかもしれないと考えたのでしょう。彼らにとっては、殺人の基準が重要でした。

ソン・チョンは警察官らしく、自分の意識的な理性に依存し、イ・タンは自分の無意識的な直感に基づいて基準を定めました。私たちは、誰かが罰されるべきだと思うとき、そしてどのような罰が適切だと思うかの基準を、時にはソン・チョンのように、時にはイ・タンのように定めます。結局のところ、両方とも一貫性のない基準です。

このギャップの現場で、ノビン、ソン・チョン、そしてイ・タンというキャラクターが活動し、私たちに代理満足の経験を提供します。そしてその過程で、ドラマは時にカタルシスを、時にはその境界の曖昧さを見せてくれます。正直に言って、死に値する人がいるかもしれません。しかし、その基準を誰が、どのように定めるべきでしょうか

MIYACHITTA
Netflixオリジナル「殺人者のパラドックス」視聴ガイド:あらすじ、見どころ チェ・ウシクとソン・ソック主演のNetflixオリジナル韓国ドラマ『殺人者のパラドックス』の詳細情報について詳しく解説。
PR

『殺人者のパラドックス』感想

Netflixのオリジナルドラマ『殺人者のパラドックス』は、タイトルが示す通り、二重性を持った物語を展開します。偶発的な殺人者であるイ・タンの物語は、個人的な正義による悪人への裁きへと自然に変化し、この作品の魅力を一層引き立てます。特に、これまでのドラマではあまり見られなかった素晴らしい演出と、チェ・ウシク、ソン・ソック、イ・ヒジュンの三人の俳優による卓越したキャラクター解釈が合わさり、作品の完成度を最高潮に引き上げます。

殺人者のジレンマ(罪と罰:罪)

平凡な大学生活を送るイ・タンが偶発的な殺人を犯すことから物語は始まります。この過程と、偶然に殺人を犯した際の状況を細かく描きながら、イ・タンが感じる困惑と苦悩を説得力を持って表現します。さらに驚くべきは、殺人の証拠が次々に消え、イ・タンが殺した人々が実は極悪人だったという事実が明らかになります。イ・タンを英雄化するサイドキックのノビンとの出会いや、まるで神が彼を救ってくれているかのような幸運が続きますが、イ・タンは困惑し続けます。この間、彼の罪悪感は遠ざかり、ドラマは自然と個人的な正義による悪人への裁きへと流れます。被害者や遺族の苦痛をリアルに描きながらも、イ・タンは何の代償もなく、ただの幻想的な正義によって自分の罪悪感を軽減するだけです。

殺人を楽しむ殺人鬼(罪と罰:罰)

イ・タンが正義のためと合理化する殺人とは異なり、もう一人のダークヒーロー、ソン・チョンの登場により、ドラマは全く予想できない方向へと進みます。極悪なソン・チョンの登場は、イ・タンの本質を反映する鏡のようです。結果的に、彼らは神による悪人の裁きではなく、単なる殺人を楽しむ殺人者に過ぎません。これらの行為を裁く刑事が「ジャンナンガム」という名前であることは、彼らの行為が単なる遊びであることを示唆しています。さらに、法の枠内で彼らを裁こうとするジャンナンガム刑事も、復讐の情熱を胸に秘め、イ・タンの存在の必要性を感じるようになります。最終的に、イ・タンとジャンナンガム刑事の物語は、まるで神が与えた遊びのような罰に見えます。

『殺人者のパラドックス』の演出

Netflixオリジナルドラマ『殺人者のパラドックス』では、イ・チャンヒ監督が『他人は地獄だ』で見せたウェブトゥーンのドラマ化における卓越した演出力を、さらに進化させています。この作品のスタイリッシュで洗練された演出は、従来のドラマとは一線を画し、視覚的にも物語的にも新しいレベルを提示します。イ・タンが無動機で犯した殺人シーンを始め、多用されるクロスカットなどの映像技術によるストーリーテリングは、ただただ感嘆の連続です。神話と現実を巧みに繋げ、光と闇、ズームインとズームアウト、スローモーションを駆使した演出は、国内ドラマの中でも最も華やかで独特なものと言えます。さらに、明るく感じさせる音楽とBGMの使用も効果的で、作品の完成度を最高に引き上げています。

このような演出に加え、俳優たちの魅力的な演技が作品にさらなる魅力を加えています。罪悪感から徐々に遠ざかり、全能のような存在へと変貌するイ・タンを、チェ・ウシクが見事に演じきっています。彼の演技は、これまでのキャリアの中でも特に際立っており、イ・タンというキャラクターを想像することは、彼なしには不可能です。また、ソン・ソックは、特有の演技スタイルと魅力的なジェスチャーで、作品にスタイルを加える役割を果たしています。『マイン』のメイドとしての役割からは想像もつかないほどの変身を遂げたジョン・イソの演技や、『精神病棟でも朝が来る』に続くノ・ジェウォンの驚くべき演技も印象的です。特に、イ・ヒジュンが見せる独特の殺人鬼としての演技は、純粋な正義と悪の両方を内包したかのような複雑なキャラクター、ソン・チョンを、彼特有の表現力とオーラで生き生きと演じています。正義を叫びながらも実際には正義を見失った狂気の殺人鬼ソン・チョンを、ダークヒーローの限界に達したかのように描き出し、イ・タンと対比される殺人者として見事に演じ分けています。

『殺人者のパラドックス』残念だったポイント

Netflixオリジナルドラマ『殺人者のパラドックス』は、物語が中盤に差し掛かると、イ・タンとノビンによる英雄ごっこが始まり、新たなダークヒーローであるソン・チョンが登場することで、物語は一層魅力的に展開します。しかし、意外にもドラマの展開はこの時点で緩慢になります。ソン・チョンの登場やチェ・インソンの物語が追加されることで、序盤に見せたイ・タンの物語の魅力が薄れてしまいます。特に、最終第8話を除くと、物語の焦点がソン・チョンとジャンナンガム刑事に移り、イ・タンの真意や正義の実現に関する物語が十分に描かれなくなります。もちろん、原作に忠実なソン・チョンとジャンナンガム刑事の物語はドラマのハイライトを形成する重要な要素でしたが、イ・タンを中心に進んでいた物語が脇に追いやられることで、物語全体のバランスが不安定に感じられます。このように、物語が散漫になり、退屈に見える原因は、どの物語に焦点を当てるべきか、原作のアダプテーションと編集がやや不十分だったことにあります。

ディープフェイク(deepfake)技術を活用


Netflixオリジナルシリーズ『殺人者のパラドックス』の裏話で、話題を呼んでいることがあります。実は、ソン・ソックの幼少期を演じたのは実在する俳優ではなく、ディープフェイク技術を用いてCGで作成された架空の人物だったのです。ディープフェイクとは、人工知能を基盤にした人間のイメージ合成技術を意味します。

『殺人者のパラドックス』がNetflixで公開された後、ソン・ソックの幼少期を演じた「俳優」についての話題がSNSをはじめ様々な場で盛り上がりました。多くのネットユーザーが、幼少期の役を演じた「俳優」がソン・ソックに非常によく似ていると驚き、賞賛の声を送っていました。

この幼少期の役を演じた人物についての情報を求める声が高まる中、誰もその「俳優」に関する情報を見つけることができませんでした。この理由について、『殺人者のパラドックス』のイ・チャンヒ監督が直接説明しました。イ・チャンヒ監督は「演技はアニメーションであり、顔はソン・ソックの幼少期の写真を集めてCG技術を用いて作成した」と述べ、このプロセスについて簡潔に解説しました。

また、イ・チャンヒ監督は、映画やドラマでは通常、別の俳優が幼少期の役を演じるが、実際には異なる顔であることを「映画的許容」と呼んでいると指摘しました。そして、「この映画的許容を私は好まない」と述べ、リアリティを追求するために多くの費用を投じたことを明かしました。さらに、ソン・ソックの幼少期だけでなく、キョンア役の過去の写真やノビンの幼少期も同様の方法で再現されたと付け加えました。

MIYACHITTA
『殺し屋たちの店』視聴ガイド: あらすじ、キャスト、見どころ ディズニープラスで独占配信される韓国ドラマ『殺し屋たちの店』についての詳細な情報をご紹介。物語の概要から主要キャストまで、この新感覚アクションミステリーの魅力を...
PR

『殺人者のパラドックス』ネタバレ結末と感想まとめ

Netflixオリジナルドラマ『殺人者のパラドックス』は、不公正な公的裁判に代わる私的な復讐を描いた多くのダークヒーロー作品とは一線を画します。この作品は、まず殺人という罪を描きながら、偶然にも彼らが悪人であることが明らかになることで、この行為が「正義」という名の下で正当化され得るのかという問いを投げかけます。最終的に、主人公たちもただの殺人を楽しむ連続殺人犯であることを強調しながらも、イ・タンの殺人が正義になり得るという点を物語は最後まで探求します。イ・タンが追い求める、誰からも認められない正義のために選んだ殺人という罪に対する罰として、他とは異なる結末を描き出します。

殺人者のパラドックス』は、連続殺人と個人的な裁判に関する引き込まれる展開とメッセージ、そして洗練された演出に、魅力的な俳優たちの素晴らしい演技が加わり、これまでに見たことのないレベルのスリラードラマを提供します。

MIYACHITTA
Netflix『マスクガール』視聴ガイド:キャスト、あらすじ、見どころ Netflixオリジナル韓国ドラマ『マスクガール』の魅力を深堀り。キャスト情報、あらすじ、見どころを紹介します。
MIYACHITTA
Netflix『ソンサン -弔いの丘-』視聴ガイド:キャスト、あらすじ、見どころ Netflixオリジナル韓国ドラマ『ソンサン -弔いの丘-』の徹底解説。キャスト、あらすじ、見どころを紹介!
PR
殺人者のパラドックス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!