Netflix『涙の女王』ネタバレ:最終回ストーリー、結末解析と感想


Netflix『涙の女王』(演出:チャン・ヨンウ、キム・ヒウォン監督、脚本:パク・ジウン作家)の最終回(第16話)は24.85%の視聴率を記録しました。

全16話から成るこのドラマは、「世紀の結婚…世紀の戦争?」と題され、クイーンズグループの財閥3世で、デパートの女王「ホン・ヘイン」役をキム・ジウォンが演じ、ヨンドゥリ村の村長の息子で、スーパーマーケットの王子「ペク・ヒョヌ」役をキム・スヒョンが演じています。3年目の夫婦の危機と奇跡のように再び始まる愛の物語を描いています。

出演者にはキム・スヒョン(ペク・ヒョヌ役)、キム・ジウォン(ホン・ヘイン役)、パク・ソンフン、クァク・ドンヨン、イ・ジュビン、キム・ガプス、イ・ミスク、チョン・ジニョン、ナ・ヨンヒ、キム・ジョンナン、ク・シウ、チョン・ベス、ファン・ヨンヒ、キム・ドヒョン、チャン・ユンジュなどが名を連ねています。

涙の女王』の概要については以下の記事を確認してください。

MIYACHITTA
Netflix『涙の女王』視聴ガイド:キャスト、あらすじ、見どころ Netflix韓国ドラマ『涙の女王』の魅力を深堀り。キャスト情報、あらすじ、見どころを紹介します。

※以下の内容は『涙の女王』のネタバレを含んでおります。

『涙の女王』結末ネタバレ

ホン・ヘインは突然、ペク・ヒョヌの目の前から消えました。彼女を必死で探すヒョヌは、急いで横断歩道を渡る途中で交通事故に遭い、大きな衝撃を受けます。

一方、失踪したヘインはユン・ウンソンによって誘拐され、監禁されていたのです。事故に遭った後、すぐに救急室に運ばれたヒョヌですが、ヘインを探す決意で救急室から脱走しました。彼はキム・ヤンギの助けを借りて、クイーンズグループの別荘へヘインを探しに行きます。

ヘインと再会したヒョヌは、ウンソンから逃げようとしましたが、すぐにウンソンに見つかり、ウンソンは二人を銃で追い詰めます。ウンソンは再びヘインに対し、一緒に逃げるよう涙ながらに懇願しますが、ヘインは「死んでもあなたとは行かない」と断固として拒否します。

怒り狂ったウンソンは、「お前が死んでも連れて行く」と言いながらヘインに銃を向けます。これを見たヒョヌが身を挺して彼女を守り、自らが撃たれることに。撃たれたヒョヌを見たウンソンはキム・ヤンギが呼んだ警察によって射殺されます。

ヒョヌは手術を無事に終え、意識を取り戻します。その際、ホン・ヘインは彼に「本当にありがとう。ごめんね。あなたをちゃんと理解できずに、悪い言葉を投げつけたことを本当に後悔しています」と謝罪しました。

回復したヒョヌは、すぐにモ・スルヒ(演:イ・ミスク)とユン・ウンソン母子に対する投資詐欺の訴訟を開始します。法廷に立ったスルヒは、すべてウンソン一人の仕業だと虚偽の証言をします。

これを覆すため、ヒョヌはチョン・ダヘを証人として立てます。ヘインも証人として出廷し、25年前のボート事故とホン・マンデ(演:キム・ガプス)の死がすべてスルヒと関連があると証言しました。彼はスルヒがマンデを毒殺しようとした証拠のビデオを公開し、結果としてスルヒは投資詐欺と殺人未遂の罪で即座に逮捕されました。

ヒョヌとホン・ヘインが互いに一生支え合うことを誓います。その後のシーンでは、二人と彼らの若い娘が一緒に新婚旅行で訪れたドイツで幸せに笑う姿が描かれました。

次のシーンでは、一人の老人がヘインの墓を訪れる様子が映し出されます。その墓石には、2074年4月7日に亡くなったホン・ヘインの名前が記されていました。生前、ヘインはヒョヌに自分が死んだら、一緒にドイツで見たある老婆の墓を訪れたように、自分の墓を訪れてほしいと頼んでいました。その約束を果たしたヒョヌの姿は、見る人々に深い感動を与えました。

PR

『涙の女王』評価

Netflix『涙の女王』の最終回は、全国平均視聴率24.8%(ニールセンコリア、有料世帯基準)を記録し、15話の21.1%から3.7ポイント上昇し、自己最高視聴率で幕を閉じました。これにより、パク・ジウン作家の前作「愛の不時着」(2019~2020・21.7%)を超えてtvN史上最高の視聴率を更新しました。また、視聴率が20%を超える人気を博したため、tvNは『涙の女王』のスペシャル編を準備し、2部作のスペシャル編が来月4日と5日に放送されることが決定しました。

ドラマはクリシェに満ちたメロドラマ的展開と、作品の質に関する評価は非常に良くないですが、キャストの演技力は高く評価されており、特に二人の主演、キム・スヒョンとキム・ジウォンはビジュアルも完璧に合っており、彼らの演技のために見るという評価が圧倒的です。つまり、ドラマ自体のクオリティよりも俳優たちのおかげでヒットした作品というわけです。

最終回に向けては意見が大きく分かれています。一部では作家の筆力の問題から急進的な終わり方をしたという批判的な意見もあり、突然終わった感じの「用途無しの終わり」(欠陥のある終わり)と評されることもありますが、それでも一部では伏線や提供された謎をうまく回収し、余韻を残すことで再起に成功したという評価もあります。

PR

『涙の女王』もう一つの結末

Netflix『涙の女王』に関するオンラインコミュニティやSNS上で「涙の女王の真のエンディング」と題されたネタバレ投稿が拡散されました。

ある投稿では、「ペク・ヒョヌと幼い娘がドイツでホンヘインを懐かしむのがエンディングであり、第一案だった」と述べました。さらに、「エピローグに登場する額縁を見ると、子供が成長する過程が撮影されていない。子役も幼児の姿だけがキャスティングされた」と付け加えました。

実際に、第16話のエピローグに登場するペク・ヒョヌとホンヘインの娘とされる子役は、小学生程度までの写真だけが残されていました。また、「撮影は2つのバージョンで行われたが、最終的に(2週間前に)作家が第二案を選んだ」とし、第16話のエンディングについての詳細を伝えました。

他のネタバレ投稿では、もともとはホン・ヘインが2034年に再発した脳腫瘍の治療のためにドイツで亡くなる予定だったそうです。この話は視聴者の反応が良くなかったため、急遽変更されたと言われています。また、最初に流出したヘインの墓石の写真には「2034年」と記載されており、最終的に放送されたものはCGで覆われたとのことです。このため、最終的に放送された墓石の日付が不自然に見えるとの指摘もあります。一部ネットユーザーは、この変更がドラマのクオリティに影響を与えたと感じています。

MIYACHITTA
『ザ・エイトショー』視聴ガイド:キャスト、あらすじ、見どころ Netflix韓国ドラマ『ザ・エイトショー(The 8 Show)』のあらすじ、キャスト、見どころを紹介します。
PR
『涙の女王』

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!