Netflix『涙の女王』の序盤あらすじと視聴者評価:予想を超える感動作となる予感

Netflixで3月9日から独占配信される『涙の女王』は、パク・ジウン脚本家とキム・スヒョンの再会作品として、放送前から多くの注目を集めています。『星から来たあなた』『愛の不時着』など、数々のヒット作を生み出したパク・ジウン作家と、その作品で活躍したキム・スヒョン、キム・ジウォンが織り成す新たな物語は、既に「大ヒットの予感」と話題になっています。

MIYACHITTA
韓国ドラマ『涙の女王』プレビュー:Netflixで3月9日公開 2024年3月9日公開予定『涙の女王』。キム・スヒョン、キム・ジウォンのキャストで注目されているドラマの制作発表会情報をまとめ解説

財閥3世と結婚したソウル大法学部卒の男性が、親しい友人とビールを飲みながら酔っ払い、自分の結婚生活に後悔して涙を流す様子が描かれます。本音を語れず、結婚を選んだことへの後悔や現実に対する嘆きを、歌を口ずさむことで表現する彼の姿は、切なさと同時にどこか愛らしさを感じさせます。そのギャップが見る人々に笑いを提供するでしょう。『涙の女王』は、結婚後に始まる愛の物語を通じて、涙と笑いが約束されたドラマとして期待を集めています。このtvNの土日ドラマは、結婚生活のリアルな悩みや葛藤を描きつつも、温かいユーモアで視聴者を魅了することでしょう。

『涙の女王』序盤(1,2話)のストーリー

涙の女王』は、結婚3年目のクイーンズグループの3世であるホン・ヘイン(キム・ジウォン)と、田舎出身のスーパーマーケットの王子バク・ヒョヌ(キム・スヒョン)という、一見幸せそうに見える夫婦の、波乱に満ちた物語です。

MIYACHITTA
Netflix『涙の女王』視聴ガイド:キャスト、あらすじ、見どころ Netflix韓国ドラマ『涙の女王』の魅力を深堀り。キャスト情報、あらすじ、見どころを紹介します。

ホン・ヘインは、自身が財閥の後継者であることを隠してデパートのインターンとして働いている最中、新入社員のペク・ヒョヌと恋に落ちます。業務に不慣れで社会生活にも慣れていないヘインを心配するヒョヌは、「私はソウル大出身だ、それも法学部」「うちの家は地方だけど、村では一番の家だ」「今住んでいるオフィステルも賃貸じゃなくて、それなりの資金がある」と自分の魅力をアピールします。しかし、ヒョヌの言葉を理解できないヘインに対して、「インターンが切られても再就職できなくても、私があなたを守る」とストレートに告白しますが、ヘインが誰なのかを知った途端に会社を辞めてしまいます。それでもヒョヌを諦めないヘインは、ヘリコプターまで使ってヒョヌの実家を訪れます。結局、二人は巨大な家庭の格差を乗り越えて結婚に成功します。

財閥家と平凡な家庭から来た男性のおとぎ話のように始まった愛も、結婚生活が幸せに続くと思われたが、3年後の今、二人はカメラの前でだけ昔の恋愛を演じて幸せなふりをする、倦怠期の夫婦です。特にヒョヌは、世間の羨望を一身に受ける「身分上昇婚」に成功した財閥の婿養子でしたが、実際には息苦しい妻の家族との生活に耐えられず、離婚を夢見ています。しかし、自分の家で食事をしていた人が去ることを受け入れられない財閥家の恐ろしさを誰よりもよく知っているため、簡単には離婚協議書を渡せません。悩んだ末に離婚を決心したヒョヌが勇気を出そうとした瞬間、ヘインは「私、あと3ヶ月しかない」と余命宣告をします。ヒョヌは離婚協議書を渡す代わりに、ヘインを抱きしめてこれまでの行動を謝り、愛を告白します。

その後、ヒョヌはヘインのため、そして自分のために変わります。自分の命をかけて離婚書類を渡す代わりに、3ヶ月待てばヘインと「死別」という形で「安全な別れ」ができると信じています。妻の死を前にして安全な別れを望む彼の心が罪悪感を感じさせる一方で、過去3年間辛い妻の家族との生活を耐えてきたことを視聴者は知っているため、彼を完全には憎めないのです。

ドラマ『涙の女王』では、結婚生活の危機に直面しているホン・ヘインが、離婚書類を用意したペク・ヒョヌに対して自分の命があと3ヶ月しかないと告げる衝撃的なシーンが描かれます。しかし、ヘインの主治医が「奇跡は(医学とは)別の領域にある」と述べた言葉や、ヒョヌが調べた「3ヶ月の余命宣告を受けながらも30年以上生き続ける」「眠って起きたら腫瘍がすべて消えていた」「医学では説明できない結果」という事例は、ヘインの状況にも希望を持てる可能性を示唆しています。また、これまでヒョヌの行動を誤解していたヘインが、ヒョヌが調べた事例を見て「絶対に生きる」と強い意志を示し、海外の新薬研究所の話をする場面は、十分な希望があることを示しています。パク・ジウン作家がこれまでに描いてきた明るいトーンの物語と、悲しい結末で視聴者を涙させなかった過去の作品を考えると、今回のドラマでも希望を持っても良いのではないでしょうか。

財閥の結婚と離婚、そして余命宣告という重いテーマを、パク・ジウン作家の手によってどのようにユーモラスでロマンティックに描かれるのか、キム・スヒョンとキム・ジウォンの演技とともに、次の展開が非常に待ち遠しいです。

PR

『涙の女王』評価、話題性など

放送前からの高い期待のおかげか、『涙の女王』は『九尾狐伝1938』以来の最高の初回視聴率を記録しました。翌日放送された第2話の視聴率は、首都圏で10%に迫る数値を達成し、今後の視聴率に期待が寄せられています。第2話では、ターゲット指標である20代から49代の視聴率が全国平均で3.8%、最高で4.5%を記録し、全チャンネルを通じて同時間帯1位に輝く快挙を成し遂げました。

放送前からの高い期待のおかげで、『涙の女王』は『九尾狐伝1938』以降で最も高い初回放送の視聴率を記録しました。翌日放送された第2話の視聴率は、首都圏で約10%に迫る数値を達成し、今後の視聴率に期待が寄せられています。第2話では、ターゲット指標である20代から49代の視聴率が全国平均で3.8%、最高で4.5%を記録し、全チャンネルを通じて同時間帯1位に輝きました。

また、韓国コンテンツの競争力を調査する専門機関であるGoodData Corporationの公式プラットフォームFUNdexで発表された話題性ランキングで、『涙の女王』はトップ10内に入りました。放送初週には、TV-OTT統合ドラマ部門で2位と約2.5倍の差をつける話題性スコアを記録し、1位になりました。放送初週、キム・スヒョンとキム・ジウォンはそれぞれ出演者総合話題性1位、2位に輝き、『涙の女王』は話題性調査を構成する4つの部門のうち、3部門で1位になりました。

PR

『涙の女王』は開始前からの高い期待

パク・ジウン作家の独特のユーモアと、キム・スヒョン、キム・ジウォンの演技力が融合した『涙の女王』は、2024年上半期のドラマの中でも特に期待されています。特に、キム・スヒョンが演じるキャラクターが、結婚生活の中でどのように成長し、変化していくのかが見どころの一つです。

涙の女王』は、ただのラブストーリーにとどまらない、深い感情の波を描くドラマとして、多くの「韓国好き」のファンにとって必見の作品です。キム・スヒョンとキム・ジウォンの化学反応はもちろん、脚本と演出の細やかさが生み出す新たなロマンスの形を、ぜひNetflixで体験してください。

MIYACHITTA
『涙の女王』の圧倒的な人気:結末予想と注目ポイント 話題沸騰中のNetflix韓国ドラマ『涙の女王』の結末における予想と注目ポイントについて解説。
MIYACHITTA
Netflix『涙の女王』視聴ガイド:キャスト、あらすじ、見どころ Netflix韓国ドラマ『涙の女王』の魅力を深堀り。キャスト情報、あらすじ、見どころを紹介します。
PR
『涙の女王』

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!