『捜査班長1958』視聴ガイド:キャスト、あらすじ、見どころ

イ・ジェフン主演のクライムサスペンス『捜査班長1958』を徹底解説

『捜査班長1958』とは

Disney+ (ディズニープラス)で4月19日に放送開始されるMBCの新しい金土ドラマ『捜査班長1958』は、1958年のソウルに新たに赴任してきたパク・ヨンハン(イ・ジェフン演)刑事とその個性豊かな同僚たちが、腐敗した権力に立ち向かい、民衆のための警察官として成長していく物語です。『捜査班長1958』は、1971年から1989年にかけて韓国国民から愛された『捜査班長』のプリクエルドラマであり、犯罪捜査をテーマにした韓国ドラマの歴史を描いています。『捜査班長1958』は、『ワンダフルワールド』の後続作品として、2024年4月19日より放送がスタートします。このドラマは、1958年のソウルを舞台に繰り広げられるクライムサスペンスドラマです。荒廃した時代の中で小泥棒を捕まえることに特化したパク・ヨンハン刑事が、3人の個性的な同僚と一緒にチームを組み、不正な権力に立ち向かい、常識を覆しながら民衆のための警察官へと成長していく過程を描いています。

『捜査班長1958』視聴ガイド:キャスト、あらすじ、見どころ

イ・ジェフンが主演を務め、1958年の野蛮な時代を生きる刑事として、不正と戦いながら真実を追求する姿を描きます。この記事では、Disney+韓国ドラマ『捜査班長1958』のキャスト、あらすじ、そして見どころをご紹介します。

『捜査班長1958』の原作について

『捜査班長1958』原作『捜査班長』

Disney+ (ディズニープラス)韓国ドラマ『捜査班長1958』のオリジナル作品『捜査班長』は、チェ・ブラム、キム・サンスン、ナム・ソンフン、チョ・ギョンファン、ノ・ギョンジュなど、5人の市警捜査科の特別捜査本部の捜査官たちが、パク班長を中心に実際に起こった真実の犯罪を解決する活躍を描いた作品です。このドラマは、捜査の方法や技術的な問題よりも、人間ドラマに焦点を当てた作品であり、単なる捜査物語ではなく、当時を生きた人々が共感できるその時代の痛みを反映させた傑作です。犯罪者への共感を描くことが『捜査班長』の特徴の一つです。1971年3月6日に初放送を開始し、1989年10月12日に幕を閉じるまで、18年間にわたって捜査ドラマの頂点に君臨しました。そのおかげで、各放送局は捜査物の隆盛を築き上げました。

PR

『捜査班長1958』あらすじ

Disney+ (ディズニープラス)韓国ドラマ『捜査班長1958』は、1958年を舞台にしたストーリーで、ソウルに新たに赴任してきた破天荒な若手刑事パク・ヨンハン(イ・ジェフン)が、個性溢れる同僚たちと力を合わせ、社会の不正に立ち向かい、民衆のためのヒーローとしての道を歩み始める物語です。彼らは、牛泥棒専門の刑事から始まり、次第にソウルの深刻な犯罪に挑んでいきます。

『捜査班長1958』企画意図

Disney+ (ディズニープラス)韓国ドラマ『捜査班長1958』は、2024年現在、公権力に対する不信感が高まり、警察の無能力や不正、操作・隠蔽・不十分な捜査が批判される中で、60年以上前の過去を描く理由に焦点を当てたドラマです。公権力の歴史を目の当たりにしてきた「捜査班長」のパク班長は、象徴的な人物であり、彼の誕生期を通じて現代を振り返ることができます。『捜査班長1958』の主人公、パク刑事は、いかに暗い時代を生き抜いても、「人間の尊厳」を守ろうと奮闘します。極悪非道な犯罪に直面し、憤り、処罰する彼の物語は、現代における「人間の尊厳」の価値を再認識させてくれます。

このドラマを通じて、公権力が存在理由を見出し、国民を守ることの重要性を訴えます。過去にも現在にも、悪は存在するものの、2024年の我々は「人間の尊厳」がいかに貴重なものかを理解し、その保護のために法律や制度を更新し、社会の安全装置を設け、人間の尊厳が損なわれた際には、誰もが声を上げて抗議します。これは、犯人を捕まえるために昼夜を問わず事件の真相を追求し、民衆と協力してきた人々の存在があったからこそです。『捜査班長1958』は、公権力がその存在理由を取り戻し、国民を全面的に保護することができるよう願い、我々の社会の隅々に真の正義が実現され、互いへの信頼が回復されることを希望しています。

『捜査班長1958』キャスト

パク・ヨンハン(キャスト:イ・ジェフン)

『捜査班長1958』キャスト パク・ヨンハン(キャスト:イ・ジェフン)

ジョンナム警察署の「コロンボ」とも呼ばれる、捜査1班の刑事です。彼は、[京畿道小泥棒検挙率1位]に輝く京畿道ファンチョン市の田舎者刑事で、3回も京畿新聞の一面に大きく取り上げられたファンチョン地区警察の誇りです。因果応報と因果報応を絶対的に信じる鋼鉄の頑固者であり、どんな外圧にも揺らがない牛の角のような堅さ、鋭い洞察力、数手先を読む先見の明、策を持った勇気を兼ね備えた[生まれながらの刑事]であり[賢い田舎者]です。悪い奴らにはこの世で最も恐ろしい大将軍でありながら、温かく優しい性格で地域の孤児や乞食までをも包み込む全ての人の[大兄貴]です。

キム・サンスン(キャスト:イ・ドンフィ)

『捜査班長1958』キャスト キム・サンスン(キャスト:イ・ドンフィ)

ジョンナム警察署捜査1班の刑事で、「ジョンナムの狂犬」と呼ばれています。彼は気が短く、何にでもすぐ噛みつく性格で、人間だろうと犬だろうと区別なく攻撃することからこのあだ名がつきました。彼の態度は常に反抗的で、冷笑的であり、世の中を軽蔑しています。直接的なアプローチを好む性格のため、同僚の刑事たちからもよく文句を言われます。その性格が原因で、会議室のキャビネットに閉じこもって仮眠を取ることがしばしばあります。特にジョンナム警察署の不良たちを見ると、首根っこをつかんで叩きたくなるほどです。そのため、彼にとって唯一の友達は、常連の居酒屋で飼われている犬のスンナムだけです。

チョ・ギョンファン(キャスト:チェ・ウソン)

『捜査班長1958』キャスト チョ・ギョンファン(キャスト:チェ・ウソン)

「ジョンナムの熊のような腕」と呼ばれる人物です。彼は、ただ登場するだけで圧倒的な存在感を放つ、壮大な体格の持ち主で、京畿道ヨジュの名物であり、ジョンナム市場の米屋で働く幸運の労働者です。その大きな体に反して非常に敏捷で、人を簡単に投げ飛ばす怪力を発揮します。彼は根が真面目で礼儀正しい青年ですが、不良たちに対しては礼儀など一切無視します。普段は無愛想な性格ですが、女性に心を奪われたときはかなりの色男ぶりを見せる、ダイレクトにアプローチするタイプです。

ソ・ホジョン(キャスト:ユン・ヒョンス)

『捜査班長1958』キャスト ソ・ホジョン(キャスト:ユン・ヒョンス)

将来ジョンナム警察署の「諸葛亮」と呼ばれる人物で、大学での留学準備中のハンジュ大学の学生です。教授の家庭でしっかりと育ちましたが、警察官になる夢を追いかけるために、初めて両親の意向に反します。アメリカの伝説的なレンジャー「フランク・ハマー」のような名捜査官になることを目標としています。自分の刑事としての天賦の才能を発揮したい、意欲満々の青年です。書店のオーナーであるヘジュに好意を持っていますが、恥ずかしさからそれを表に出せずにいる常連客です。

イ・ヘジュ(キャスト:ソ・ウンス)

『捜査班長1958』キャスト イ・ヘジュ(キャスト:ソ・ウンス)

パク・ヨンハンの未来の妻として登場する、ジョンナム市場近くで「ジョンナム書林」という書店を経営する人物です。彼女は、目立つ美貌と率直な性格を持ち合わせており、外見は華奢ですが、強い精神力を持つ典型的な「外柔内剛」の人物です。彼女の胎夢が「虎を噛み殺す子犬」だったほどです。書店の中の本を全て把握しており、見なくても取り出せるほどプロフェッショナルで、日本の書店と取引をするほどのビジネスセンスを持っています。顧客とは兄弟姉妹のように親しく、文字を知らない市場の人々に新聞を読んで聞かせるなど、温かい心も持っています。

『捜査班長1958』見どころ

イ・ジェフンの演技

伝説の刑事パク・ヨンハンの若年期をどう演じ分けるのか、その演技に注目です。パク・ヨンハンと彼の同僚たちの絆とチームワークは、困難に立ち向かう中での心強い支えとなり、ドラマに温かみを加えます。それぞれのキャラクターが持つ個性と彼らが織りなす人間関係にも注目です。

制作チーム

『捜査班長1958』の制作には、『コンフィデンシャル/共助』や『王宮の夜鬼』などのヒット作を手がけたキム・ソンフン監督がメガホンを取り、新人脚本家キム・ヨンシンが執筆を担当しました。さらに、『熱血司祭』や『ヴィンチェンツォ』を執筆したパク・ジェボムがクリエイターとして参加するなど、実力派の制作陣が集結しています。これらのヒットメーカーたちが再び手を組んだことで、ドラマの完成度は非常に高く、新たな国民的ヒット作の誕生が期待されています。また、Disney+での独占配信が決定しており、世界中の視聴者に向けて配信される予定です。

1958年のソウルを背景に現代社会を振り返る

『捜査班長1958』視聴ガイド:キャスト、あらすじ、見どころ

1958年のソウルを舞台にしたアナログな捜査手法や当時の社会背景を反映したレトロな雰囲気が魅力的です。音楽や衣装、小道具に至るまで、時代感を感じさせるディテールが満載です。単なるクライムサスペンスとしてだけでなく、当時の韓国社会が抱えていた問題に光を当て、正義とは何か、人間としての尊厳について深く掘り下げています。視聴者に考えさせるメッセージが込められています。

PR

『捜査班長1958』まとめ

Disney+ (ディズニープラス)韓国ドラマ『捜査班長1958』は、イ・ジェフン主演による1958年のソウルを舞台にしたクライムサスペンスドラマです。レトロな雰囲気と深い人間ドラマ、そして社会への鋭いメッセージが詰まったこの作品は、多くの視聴者を魅了すること間違いなしです。4月19日からの放送開始を心待ちにして、ぜひチェックしてみてください。

以上、Disney+ (ディズニープラス)韓国ドラマ『捜査班長1958』の視聴ガイドでした。この作品が持つ独特の魅力を感じ取りながら、そのストーリーにどっぷりと浸かる時間をお楽しみください。

MIYACHITTA
Disney+『支配種』視聴ガイド:キャスト、あらすじ、見どころ Disney+オリジナル韓国ドラマ『支配種』の視聴ガイド。キャスト、あらすじ、見どころを徹底解説します。
PR
『捜査班長1958』

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!