韓国ドラマ「最悪の悪」視聴ガイド:キャスト、あらすじなど徹底解説

韓国ドラマ「最悪の悪」概要

Disney+ (ディズニープラス)韓国ドラマ「最悪の悪」(原題:최악의 악)は、『新しき世界』や『傷だらけのふたり』で知られるハン・ドンウク監督と、脚本家のジャン・ミンソクによって制作されました。主演は、大人気の韓国俳優ジ・チャンウク、『イカゲーム』でアンダーカバー刑事役で一躍有名になったウィ・ハジュン、そして人気女優イム・セミが務めています。このドラマは、9月27日からDisney+で独占配信され、最初の3話に続いて毎週2話ずつ新エピソードが公開されます。

PR

「最悪の悪」あらすじ

物語は90年代のソウルを舞台に、元DJが暴力団となり、カンナムのナイトクラブで「カンナム・クリスタル」と呼ばれる新種のドラッグを販売しています。田舎の警察官パク・ジュンモ(ジ・チャンウク演じる)は、国際的な麻薬売買カルテルの捜査のため、暴力団に潜入するアンダーカバー捜査官としてスカウトされます。目標は、暴力団のリーダーであるジョン・ギチョル(ウィ・ハジュン演じる)が率いるガンナム連合から証拠を集め、ドラッグ販売とそのカルテルを突き止めることです。

「最悪の悪」公式ポスター

任務中、パク・ジュンモは誰にも秘密にしていますが、予想外にも彼の妻ユ・イジョン(イム・セミ演じる)も警察官であり、自主的に同じ任務を遂行していること、そしてジョン・ギチョルと過去に縁があることを知ります。
ジュンモは、仕事に全力を注ぐか、妻の安全を確保するかで心が引き裂かれています。一方で、任務の進行に影響を与えることを心配し、彼女を危険にさらすことを恐れています。「最悪の悪」は、視聴者をパク・ジュンモのアンダーカバーな生活の奥深くへと導き、人間性の善と悪、権力への欲望、そして選択のジレンマを探求します。

「最悪の悪」キャスト

パク・ジュンモ(演:チ・チャンウク)

「最悪の悪」 パク・ジュンモ(演:ジ・チャンウク)

ドラック捜査のためにガンナム連合に潜入することになった熱血刑事です。優秀な妻とその家族に比べ、田舎の刑事で複雑な家庭環境を持つ自分の立場に悩んでいる中、ドラック操作のためのアンダーカバー調査を提案されます。最初は悩むものの、特別昇進を提案され、妻とその家族にも堂々とした刑事になりたく、ギチョルの下に潜入します。

チョン・ギチョル(演:ウィ・ハジュン)

「最悪の悪」 チョン・ギチョル(演:ウィ・ハジュン)

成功のためには手段を選ばないガンナム連合のボス。幼いごろある理由で犯罪者となり、それから悪に進みます。優れた勘とビジネスセンスで悪の道で一気に組織を大きく成長させるが、その手段を選ばないため敵も多くなった。自分の絶対的な見方が少ない中、自分が最も信用していた亡くなった友人とつながりを持つジュンモを部下として雇います。

ユ・イジョン(演:イム・セミ)

「最悪の悪」 ユ・イジョン(演:イム・セミ)

ソウル地方警察庁の保安課刑事であり、パク・ジュンモの妻。優れた能力を持つソウル庁の保安課のエースで、ジュンモの危険なアンダーカバー生活を終えたく、ドラック捜査に自ら参加します。積極的で賢い人物だが、幼いごろ縁があったギチョルの部下になっているジュンモを見て、複雑な心境になります。

「最悪の悪」予告編

※これからの内容にはネタバレがありますのでご注意ください。

「最悪の悪」エピソード1-3話の解説と感想

Disney+ (ディズニープラス)最悪の悪」を最初の3話を見た感じでは、物語のクオリティはかなり高いと感じました。でも、どうしても『インファナル・アフェア』と比べてしまいますよね。その映画はアンダーカバー物語の名作ですので。
このドラマでは、パク・ジュンモが潜入捜査をしていますが、少なくともチョン・ギチョルは警察にスパイを送り込んでいないので、ジュンモのストレスは少しは減るでしょう。

面白いことに、ギチョルは実はジュンモの妻、ユ・イジョンを知っています。子供の頃からの友達みたいで、ギチョルはイジョンからもらったネックレスも持っています。警察はジュンモの写真を他の人のものと入れ替えて準備していますが、この点がループホールになる可能性があります。

アクションシーンはかなり満足できるもので、激しいけど血みどろではありません。ストーリーは、若者がドラッグを売って古いボスから権力を奪いたいという、古い香港のギャング映画に似ています。ボスが交代した後も、前のボスに敬意を払っています。

釜山ギャングが復讐を果たさないように、ギチョルは彼の元部下たちに罠を仕掛けます。そして、日本との良好な関係を理由に、釜山のボスは日本で撃たれてしまいます。

ジュンモがギチョルのギャングに参加した後、最初に妻と夕食をとり、その夜に上司とオフィスへの急襲を話し合います。計画は成功しますが、ギャングのふりをした警察が現場に警察用の懐中電灯を持ってきてしまいます。

「最悪の悪」エピソード4-5話の解説と感想

Disney+ (ディズニープラス)最悪の悪」は全12話で、今週でだいたい折り返し地点ですね。結局、ジュンモは撃つのをためらい、最後はジョンリョルが状況を解決してくれました。この週、ジョンリョルはジュンモをよく面倒見ているようです。おそらく、二人とも元々は江南ギャング出身ではないから、出世とお金を稼ぐいいチャンスが必要なんでしょう。

まず、彼の妻イジョンがこのプロジェクトに参加することを強いられ、ギチョルと夕食を共にすることでジュンモがギチョルの信頼を取り戻す手助けをします。ジュンモはすでに、妻がギャングと付き合っていることで非常に怒っています。

さらに、イジョンの母が突然亡くなり、ジュンモは夫として葬儀に参列できず、ギチョルがイジョンを慰めるのを見るしかありません。ギチョルを送り出した後、廊下でひざまずいて祈るジュンモのシーンは非常に感動的でした。

警察の計画通りにすべてが進んでいるようですが、この作戦がジュンモと彼の家族に対して、物理的なダメージ以上の影響を与えるのではないかと心配です。ギチョルがイジョンに明らかに恋をしていて、ついにジュンモを信用し始めたところで、二人が彼を裏切ったと知ったら、彼は大きなショックを受けるでしょう。

ジョンベが裏切り者だと確信していましたが、彼はギチョルの忠実な部下であるようです。しかし、ギチョルがジュンモ/スンホを信用していることが、ギャングのリーダーと彼の二人の信頼できる部下との間で潜在的な対立を引き起こす原因になるでしょう。エピソードは、中国、韓国、日本との三者間の取引で終わり、これからのエピソードでジュンモの安全がどうなるのか心配です。

「最悪の悪」エピソード6-7話の解説と感想

韓国がアンダーカバーの映画をうまく作るのはちょっと難しいようですね。例えば、ギチョルが刑事のチュン・ジン・ピョンに簡単な調査をさせるだけでジュンモの経歴を知るなんて、ちょっと突飛すぎます。アンダーカバーの高リスクな世界で、そんな危険な状況に誰かを送り込む前には、バックグラウンド情報を変更するべきですよね。

さらに、ジュンモが仕事の後に上司たちと会えるなんて、もっとおかしいです。もしギチョルが本当にジュンモを疑っていたら、24時間体制で尾行させればいいだけ。そうすれば、ジュンモはすぐに自分でバレてしまいます。残念ながら、これらの詳細はよく考えられていないようで、ちょっとがっかりです。

この2話の主要なプロットは、中国、日本、韓国の会合です。そして、中国のプリンセス、ヘリョンが何故かジュンモに興味を持ちます。彼がギチョルを救うために命をかけたのを見た後です。このプロットポイントはちょっと無理があるように感じます。まるで、映画制作者が恋愛ラインを挿入したかったかのようです。教会の前に立っているギチョルは、偶然イジョンの会話を聞いて、彼女のバックグラウンドを調査させます。だから、すべての危機は、よく考えられていない抜け穴から生まれています。

ジョンベを捕まえる件についても、ちょっとした手口で済ませています。まず、ギチョルはジョンベが二重帳簿をつけて、ドラッグを横流ししていることを知ります。ジョンベがナイトクラブの入口で連れて行かれた後、警察はすぐにクラブを急襲し、彼の仲間が逮捕されます。それで、みんながジョンベが裏切り者だと疑います。

ギチョルのグループが分断されて壊滅する方向に進んでいるようですね。ジュンモがイジョンとギチョルの関係に問題を感じる一方で、自分もヘリョンと遊んでいるのは何故なのか疑問です。イジョンとギチョルが幼なじみだったことを考えれば、彼が心配するのは当然ですが、彼自身もイジョンに対してちょっと不誠実な行動をしているので、イジョンが何をしていたのかに嫉妬する資格はないでしょう。

「最悪の悪」エピソード8-9話の解説と感想

イジョンとジュンモはあまりにも多くを犠牲にしているように感じます。アンダーカバー作戦がどんどん突飛になってきています。イジョンは、ギチョルが彼女を疑い始めるのを防ぐために、自分の気持ちを告白してキスまでしなければなりません。一方で、ジュンモは取引を円滑に進めるために、ヘリョンと寝る覚悟までしています。この夫婦は本当にかわいそうです。たとえ事件を解決したとしても、心の傷は残るでしょう。

警察の最終目標は、中国、日本、韓国の間で三者取引を成立させ、そのチャンスをつかんで関与する全員を逮捕することです。二者間の取引は許されていません。そのせいで、ジュンモと彼の妻は本当にかわいそうです。ジュンモは日本側の代表者を説得して、体制変更をもたらすために彼のボスを裏切らせます。

このエピソードでようやくオープニングシーンに到達します。ヘリョンの父がパートナーを変更することに決めたため、日本人はザイジャンギャングに内密に接触し、カンナムギャング全体を排除する計画を持っています。攻撃者たちは痛みを最小限に抑えるために薬を服用しています。混乱した戦いの後、ジャンナンギャングのリーダーたちは重傷を負っていないようで、赤いペンキをかけられたように見えます。最後には、ザイジャンギャングの攻撃者たちは殺され、グループは彼らのアジトに行ってボスのアキレス腱を切ります。

このドラマでは血塗られたシーンが多く、最初のエピソードでジ・チャンウクを見るのは本当に恐ろしかったです。彼が手下の耳を噛み切って血を流す様子は、ただの獰猛さ以上に怖かった。もし彼の妻が危険な状況にあるとき、ジュンモと同じ部屋にいたくないです。

ジュンモが遠くからイジョンを守ろうとする一方で、ギチョルが近くで彼女を守るのを見るのは詩的でした。事件が解決したとしても、イジョンはジュンモのこの一面を乗り越えられないだろうと感じます。ドラマはいよいよ佳境に入ってきて、ジュンモ(スンホとして)がギチョルの背後で何をしようとしているのか、今後どうなるのかが気になります。

PR

「最悪の悪」の評価

Disney+ (ディズニープラス)最悪の悪」は、全体的には面白いという評価が多いです。力強いアクションと没頭できる演出が見ごたえがあると好評で、ストーリーラインもテンポよくしっかりと組み立てられています。特に、1980年代~90年代の香港ノワール風の演出が魅力的だと多くの人が言っています。

犯罪組織に潜入した刑事という設定は、「インファナル・アフェア」や「ディパーテッド」、「新しき世界」と似ていますが、これらの作品とは違って、組織のボスが主人公の妻の初恋だったという設定を加えた点はかなり新鮮だと多くの人が感じています。ストリーミング時間も多く、韓国でも好評です。

MIYACHITTA
Disney+韓国ドラマ「最悪の悪」:結末ネタバレ解説 2023年Disney+独占配信韓国ドラマ「最悪の悪」の衝撃的な結末について詳しく解説します。
PR
最悪の悪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!